抗酸化力のある食材を食べて老化防止!

ウソ!育毛剤 > 美容 > 抗酸化力のある食材を食べて老化防止!

抗酸化力のある食材を食べて老化防止!

どうしても年齢を重ねるとともに体力をはじめ、さまざまなところが衰えてきます。

もちろん、肌も老化して、肌は乾燥気味になり、ハリがなくなり、たるんで、シワやシミが目立つようになってきます。

これは、人間として生きている以上、どうしようもないことですが、それでもできるだけ老化の速度を遅らせようと、多くの女性が、ほうれい線を消すためにコラーゲンやビタミン類が豊富に配合された化粧品を使用したり、美顔ローラーでお肌をコロコロしたりと、入念なスキンケアを続けて美肌維持のための努力をしています。

このようにアンチエイジングには、日頃のスキンケアも大切ですが、抗酸化力のある食材を食べて酸化を防ぐのも効果的なアンチエイジングとなります。

人の体は、鉄などの金属が錆びるのと同じように、紫外線やストレス、タバコ、飲酒、激しい運動などの影響で、体の細胞が強力に錆びつかせる活性酸素が発生します。

この活性酸素が体内で多量に発生すると、シミやシワなどの老化を招き、ガン細胞の発生までかかわるといわれています。

それでも本来は、体内に活性酸素を除去するシステムが備わっているのですが、その働きも、30歳を過ぎたくらいから、徐々に低下してしまいます。

そこで、活性酸素の進行を防いでくれるのが、抗酸化力のある食材です。

代表的なものは、ビタミンA、C、Eを豊富に含む小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜、それに、玄米や植物油、大豆などです。

また、最近は、ポリフェノールが注目され、ブルーベリーに含まれるアントシアニンや緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、ごまのリグナンなどが強い抗酸化力を持ち、老化防止に有効とされています。

この活性酸素の問題の他には、糖化という体内に起きる反応も老化を促進させてしまいます。

まだ、糖化という言葉はあまり聞いたことがないかもしれませんが、体内のコラーゲンなどのタンパク質が、糖と結合して変性し、それが影響して老化を促進してしまうというものです。

糖化してしまったゴラーゲンは、硬くなり、弾力を失うので、肌もハリを失い、シワやたるみが目立つようになります。

過剰に糖分を摂取したり、暴飲暴食などは糖化を進めて老化を促進しているかもしれないので、食生活には十分注意しましょう。


そして、アンチエイジングとして最も大切なことは、健康な体であることです。

美肌や美髪は、健康な体があってこそ維持できるものです。

日頃から、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスの良い食事を摂り、適度な運動をして、ストレスをためないなど、規則正しく健康的な生活習慣を送ることが必要です。